法人のご案内

ごあいさつ

理事長のご挨拶

春愁(しゅんしゅう)の中で

 

 暖冬だったためか、今年は例年になく早く各地から桜のたよりが届いています。NHKでは福島市出身の作曲家・古関裕而夫妻をモデルとした朝ドラ、「エール」が始まりましたが、その福島市でも3月28日、観測史上最も早い開花宣言が出されました。

 でも今年は、春爛漫を目前にしてもまったく気持ちが浮き立ってきません。私は毎年、年度が替わるこのタイミングに地域の皆さまへ向けたご挨拶の文章を更新し、少しだけ新年度へ向けた決意なども記してきましたが、日に日に情勢が深刻化していく中では、何を書いても空しく響くように感じます。

 昨日(3月31日)福島県は、県内で新たに2名が新型コロナウイルスに感染したことを発表し、感染者は累計4名となりました。他県に比べれば少ない状況ですが、新たに感染した2名はこれまでと異なり感染経路が不明で「市中感染」したものと考えられるため、フェーズが変わりつつあります。全国で増え続ける感染者と死者の数を伝えるニュースを見ていると、「見えない敵」がじわじわと私たちの生活を脅かしている状況に、原因や性質がまったく異なると分かってはいても、つい9年前の原発事故発生後に感じた気味の悪さを思い出します。

 今さら言うまでもないことですが、毎日「感染者」として発表されている数字のほとんどは、発熱などの症状がありPCR検査によって新型ウイルスの感染が確認された「患者」の数です(他に、検疫や感染者との濃厚接触により検査を行い陽性となった数が含まれています)。国内の現状を見るかぎり、市中にはその何倍もの無症状の病原体保有者が存在すると考えるのが自然であり、それは私自身かもしれませんし、体調に何も不安を感じていないあなたかもしれません。

 原発事故の発生後、放射線の被ばくによって健康を損なうリスクを避けるためには「正しく怖がる」ことが重要であるとされましたが、このことは未知の部分が多い新興感染症についても当てはまります。誰もが新型コロナウイルスを保有している可能性のあることを前提に手指衛生を徹底すること、咳エチケットを守ること、これまで得られた知見から高リスクとされた3つの「密」(密閉、密集、密接)を避けること。これらを掛け声でだけでなく本気で実行できるか否かが、大げさでなく、わが国の未来を左右することを、私たち医療従事者は先頭に立って伝えていかなくてはならないと思っています。

 間違ってはならないのは、怖がるべき対象、憎むべき対象はあくまでも病いであり、ウイルスであることです。先に新型ウイルスの感染者が出てしまった郡山市の大学では関係者への嫌がらせや不当な扱いが多数あり、附属高校の生徒に対してまで「コロナ、コロナ」と指を差すなどのハラスメントが相次いたそうです。また、不幸にも集団感染・院内感染が発生してしまった各地の病院や施設の関係者に対しても、言われなき誹謗中傷やタクシーへの乗車拒否など差別的な扱いが生じているそうです。

 病気に罹りたくて罹る人なんて誰もいませんし、院内感染を起こそうと思って起こす病院もどこにもありません。発症してしまった患者さんは今も懸命にウイルスと戦っています。集団感染が発生した病院は、外来を閉鎖し、マスクや消毒用アルコールが足りない中、ウイルスを封じ込め、患者さんを助けようと死に物狂いでもがいています。感染した人や病院をいくら叩いても、何も状況は変わりません。「怖がる」ことと「忌み嫌う」ことは、まったく異なることですし、「明日は我が身」となるかもしれないことを忘れてはならないと思います。

 例年に比べて大幅に簡素化した本日の入社式で、私は、総勢55人の事務職員やコ・メディカル、さらには、恐れ多くも医師たちを目の前にして、そんな素人っぽい話をしたところです。

(2020.4. 1 記)

理事長就任挨拶はこちら

理事長就任挨拶

6月10日に急逝いたしました故・湯浅伸郎に代わりまして、この度、7月28日付で、財団法人湯浅報恩会の理事長に就任いたしました湯浅大郎です。私自身は医師ではありませんが、当法人に勤務して23年目に入りました。その大半は病院の経営管理にたずさわってまいりましたが、まだまだ知識、経験、人間性のいずれにおいても到らない点が多々あることは、本人が一番自覚しています。しかし、今回、図らずも理事長という重責を担うこととなった以上は、すべての職員と力をあわせ、地域医療の充実のために全力を尽くす覚悟です。以下では、今、私が考えている主な基本方針を説明して、ご挨拶に代えさせていただきます。今後とも当法人に、皆様からのお力添えと忌憚のないご意見を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

1.理念の堅持

明治20年、初代・湯浅為之進(ためのしん)が郡山駅前に小さな医院を開設したときから掲げてきた「患者さん第一」の理念は、私たち湯浅報恩会の職員にとって、すべての価値判断や行動の根幹をなす拠り所です。前理事長が折りに触れて話していた、「『患者さんの喜びは私たちの喜び』という精神こそ、医療人の原点である」という言葉も、同じことを言い表したものでしょうし、私自身は、「患者さん第一」とは、簡単に言えば患者さんを自分の肉親であると思って接することである、と考えています。  今でこそ、似たような基本理念をうたう医療機関は少なくありませんが、私たちには、一世紀以上にわたってこの理念にこだわり続けてきたという、秘めたプライドがあります。人口動態や疾病構造の変容を受けてわが国の社会保障政策が目まぐるしく変転する中、医療機関には時代の要請に的確に対応していく柔軟性が求められています。しかし「患者さん第一」という理念は、時代がどんなに変わろうとも決して変わることはないでしょうし、変えてはいけないものであると確信しています。

2.前理事長の遺志の継承

現在、寿泉堂綜合病院西側の区画では、郡山駅前の再開発計画と連動する形で新・寿泉堂綜合病院の建設工事が進められています。前理事長の悲願でもあった新病院建設計画は、当法人にとって「第二の創業」とも位置付けられる重要な事業であり、新病院の運営をしっかりと軌道に乗せていくことこそ、私に託された最大の使命であると考えています。新病院では、従来の診療科の枠組みを超えた「血管病センター」をはじめ、3つのセンターを核とする高度な急性期医療の提供体制を整える計画ですが、それだけに止まらず、病院の上層階に約80戸のマンションが併設されるという特徴を活かし、高齢者世帯などが「安心して暮らせるまちづくり」のひとつのモデルを呈示していきたいとも考えています。そのためにも、前理事長が最も力を注いできたマンパワーの充実、とりわけ医師の増員には、引き続き全力で取り組みます。マンパワー充実は綜合病院だけでなく、寿泉堂香久山病院の回復期・慢性期医療、寿泉堂クリニックの予防医学と透析医療、さらには在宅医療、介護・福祉領域まで、当法人が有する包括的医療提供体制全体のレベルアップと、他医療機関との連携・役割分担の推進を視野に入れながら進めてまいります。

3.企業体としての存続と地域貢献

湯浅報恩会には現在、パート、派遣職員も含めると約880人の職員が勤務しています。これに関連法人を加えた職員数は優に1.000人を超えますから、職員の家族まで含めるとおそらく3.000人以上の方々が、生計の基盤を当法人に置いていると考えられます。私には、地場の企業体としては決して小さくないこの法人を将来にわたり存続させ、職員の雇用を安定的に確保する義務も課せられています。言うまでもないことですが、「患者さん第一」を実践し、患者さんの満足度を高めるためには、職員自身もまた、高い満足度を持って仕事に従事していることが必要です。職員に心のゆとりがなくては、患者さんに笑顔で接することができるはずはありません。私は、職員の一人ひとりがプロフェッショナルであるというプライドを持ち、それぞれの役割をきっちりと果たすことによって私たちの使命を果たしていけるような組織風土づくりにも力を入れていくつもりです。そのために、これも前理事長が手がけようとしていたことですが、職場・職種・職制間のコミュニケーションの円滑化、現場への責任と権限の委譲、経営陣の世代交代も含めた組織刷新に、順次着手していく所存です。また、厳しい経済情勢の中ではありますが、初代以来、当法人が力を注いできた文化・芸術活動への支援などを通じても、地域の発展に貢献していくことができれば幸いです。

(2009.8. 1記)